紙の契約書もラクラク管理!-電子契約サービスAgree-

紙の契約書もラクラク管理!-電子契約サービスAgree-

電子契約サービスAgreeは、GMOクラウド株式会社が提供する
契約書の締結から管理まで、クラウドで簡単に行うことができる電子契約サービスです。

Agreeは、締結(実印版)・締結(認印版)・管理の
大きく3つのサービスにわかれており、それぞれにしたサービスを展開しています。

今回は、Agree管理にスポットライトを当て、お伝えしていきます。

目次
  • Agreeとは?
  • 契約書管理ってコストがかかる?
  • Agree管理の機能
  • スキャンマンに関して

Agreeとは

「締結から管理まで、クラウドでかんたんに」
GMOインターネット株式会社 が提供する電子契約サービスです。

また、Agreeは契約を結ぶことだけではなく、契約書の管理の点においても非常に便利です。
契約リストの作成・簡単検索、契約更新のリマインド機能が使用できたり、
紙で交わした契約書もPDFにて一元管理することができます。

電子契約サービスAgreeについての詳細はこちら
GMO 電子契約サービス Agree | 印紙税0円、最短数分で契約締結

電子契約管理って。

電子契約って導入にコストがかかるイメージがありますが、
よくよく見てみると始めるまでの敷居も低く、低コストではじめられるのがAgreeです。
Agree管理サービスをみてみると、無料のものからサービスが展開されており、
有料のものでも1000円から利用することができます。
100件ごとの追加請求制となっており、使用者にとってとてもわかりやすく、
安心して利用することができそうです。

※Agree公式HP参照

お手頃にはじめられるAgree管理ですが、
気になるのは”何をすることができるのか”だと思います。
Agree管理の機能を少し紹介していきます。

書面契約登録(一元管理)

すでに紙で交わした契約書もスキャンし、PDF化することで電子契約書と一元管理できるようになります。
社内スペースの圧迫解決はもちろん、紙媒体の契約であったか、電子での契約だったかなど、
悩む時間を削減することもできます。

契約情報登録・検索

契約書にはそれぞれ契約書名・締結相手・締結日・更新日・契約期限などが記載されていることと思います。
Agree管理では、契約情報の登録を行うことができます。
契約情報の登録を行うことで、事前に設定した日に更新通知を行う事ができ
契約の更新・解約漏れを防止できたり、
必要な契約を登録した契約情報キーワードから即時に検索することが可能です。

文書フォルダ管理

契約書の種類や管理部署ごとにフォルダを作成することができます。
同じような事例の契約書を見返しやすくしたり、
日々増えていく契約書を綺麗にまとめることで、より効率的な業務に導きます。

契約リスト作成

契約リストをCSVで書き出す事ができるので、
監査などの際に、即座にリストを作成し提出することができます。

クラウドサービスで契約書を管理することは
契約の更新・解約漏れを防止できたり、より業務を効率に行うことができるなど
様々な作用を生み出します。

契約書の管理を見直す際、
電子管理に移行しよう、自らスキャンするのは非効率だ。
そう思っている方は、ぜひ弊社スキャンマンにお任せください。

弊社スキャンマンは、Agreeとサービス連携を行なっており、紙の契約書を電子化するだけでなく
Agreeへのアップロード・文書情報の編集なども行なっています。

スキャンマン×Agree利用イメージ記事
電子契約管理をするなら、スキャンマンにお任せ!

スキャンマンとは

スキャンマンは、その名の通り様々なものをスキャンをする会社です。
書類・名刺・領収書・契約書…、様々なものをデータ化します。
自分でデータ化した場合、機材を準備する時間や実際にスキャンする作業に膨大な時間がかかりますよね?
スキャンマンにお任せすれば、全て自分の時間に!
空いた時間でより有意義な作業に集中できます。
早くて安くて丁寧に、データ化させていただきます。

スキャンマンについて詳しくはこちら
スキャンマンってなに?-書類のデータ化で管理をスマートに

より快適に契約書の管理をし、業務効率の向上を目指しませんか?
契約書における問題は、書類をデータ化することで大きく改善することができます。
管理方法に関してのご相談だけでも構いません。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

新しいサービス開始いたしました!

スキャンマン定期便

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で