スキャンマン×Eightプレミアムで年賀状作成!

スキャンマン×Eightプレミアムで年賀状作成!

こんにちは!

11月ももう終わり、すっかり街はクリスマスと年末モードですね。
コンビニや郵便局に立ち寄ると、陳列されてるハガキが目に止まります。

以前のブログ「季節の節目の挨拶「年賀状」-Eight プレミアムのご紹介」で紹介しましたが、年賀状を贈ろうとしている方はそろそろ実際に送付先を整理しなければなりませんね。

今回は、名刺スキャンから宛名データの抽出までの流れについて順を追ってご紹介したいと思います!

Eightプレミアムのおさらい

Eightプレミアムは、月額480円または年額4,800円で名刺情報をもっと有効活用できるサービスです。
提供機能は以下の通りです。 他にも嬉しい機能がたくさんあるので、気になる方は「Eightプレミアムサービス」をご覧くださいね!

  • 名刺のおもて面・うら面に記載された全項目をデータ入力
  • 最優先でスピーディーにデータ入力
  • 名刺データのダウンロード
  • お礼メール
  • 画像メモ機能
  • 連絡先アプリと連携 etc

まずは名刺のデータ化!

スキャンする方法はアプリで1枚ずつセルフで行う方法から、出張サービスまでたくさんあります。
名刺が大量にある場合や時間をかけたくない場合は、スキャンマンと連携しているサービス「出張スキャン」「郵送スキャン」がおすすめです!

派遣:お客様のオフィスやご自宅にお伺いし、その場でスキャンを行う
郵送:お名刺を弊社宛にお送りいただき、弊社オフィスでスキャン後に返送する

ご自分のジョブスタイルにあった方法で、名刺をスキャンしてくださいね!

お申込みは、Eight×スキャンマン郵送プラン (全国対応)またはEight×スキャンマン派遣プラン (東京都23区対象)からお進みください。

データ化したお客様情報を整理しましょう!

Eightでは名刺のデータに「ラベル」「メモ」を付ける機能があります。
登録した名刺の中から年賀状を送りたい相手を選択し、「年賀状」という名前のラベルを付けてみましょう。こうすることで、宛名リストを作る時に作業が楽になります。


データをダウンロードして、宛名づくり!

Eightプレミアムでは、登録した名刺情報のリストをCSV / ContactXML形式で一括ダウンロードができます。


ダウンロードが完了したら、「年賀状」ラベルがついた宛名のみ残るよう加工し、宛名リストの完成です。
※「年賀状」のラベルが付いている場合は、セルに「1」と入っています。ラベルが付いている名刺データを抽出したいときは、[空白セル]のチェックを外してください


ダウンロードの際、ContactXML形式でダウンロードをしておけば、作成した宛名リストを年賀状作成ソフト 「筆王」 「筆まめ」 「宛名職人」 にインポートすることが可能です。
お好みのソフトを選んで、自分ならではの年賀状を作成してみてくださいね!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で