導入事例のご紹介

導入事例のご紹介

みなさんは見たことのない商品や映画などを人から勧められたとき、なにも参考にせずお金を払えますか?
知らないことをいくら”イイモノ”と紹介されても、なかなか手が出せず、まずは「口コミ」や「レビュー」などを確認する人が多いかと思います。


人からの評価や利用状況を見ることで人は安心感をもち、それが「私も始めてみよう、買ってみよう」という決め手の一つになるのです。


…と、いきなり哲学っぽいことを記述してしまいましたが!
もちろんスキャンマンのサービスも同様。今回は「こういったビジネスシーンで役に立ちそう」「この業務作業をするときに効率化になりそう」と、よりイメージしやすいように、導入事例とその決め手を、利用シーン別に紹介していきたいと思います!

  • スキャンマン導入事例ページはこちら

  • 保存や管理を目的とする企業

  • 大量の資料や名刺の処理
  • 貴重書類のデータ保存
  • 情報を検索しやすくするため
  • スキャンマンでは派遣型スキャニングサービスを導入しているため、名刺などの個人情報、外に持ち出したくない貴重書類も安心してご利用いただけます。また、紙とは違い月日が経っても劣化しないことから、機関誌や冊子、在庫のない書籍をデータ管理することを目的とするお客さま、書類や名刺を探すときの見つけやすさを目的としたお客さまも多くいらっしゃいます。
    もちろんEightで1枚1枚自分で取り込むこともできますが、ある程度溜めてからスキャンマンに依頼をしたほうが便利ですよ!

    >一回使ったらずっと使いたくなりますよ、スキャンマンは。笑
    とのお声も実際にいただいております!


    業務効率化を目的とする企業

  • 大量の資料や名刺の処理
  • これまでスキャンにかかっていた人件費・時間・手間の削減
  • 自社サイトに情報を掲載する際や、書類の整理を行う際、紙媒体の資料が溜まっていく状態にお困りのお客さまにも、スキャンマンは多くご利用いただいております。データ化までの作業・データ化したあとの書類の見つけやすさが合わさることで、業務効率化のお手伝いをさせていただきます!目的に限らず、金額面でもスキャンマンは他社よりもお得であると好評です。

    >今のところスキャンマンさんが一番早くて一番安い。そして一番正確だと思います。
    とのお声も実際にいただいております!


    データの共有を目的とする企業

  • 社内のリモートワーカーに書類を共有するため
  • 全国のお客さま・従業員がいつでもデータを見れるようにするため
  • 前途したように、紙で受け継がれるものはどうしても劣化を避けて通れません。何年、何十年とたってもいつでも変わらない状態を見られるように、データ管理・データ共有を目的とするお客さまも多くいらっしゃいます。社内やお客さまへ共有するものですから、なるべく社外に持ち出したくないお客さまへのニーズに答えることが可能となり、またその作業も迅速であると高く評価いただいております!

    >スキャンマン、作業が速いですね。速すぎる。笑
    とのお声も実際にいただいております!


    スペースの確保を目的とする企業

  • 倉庫のスペース確保
  • カルテ棚のスペース確保
  • ご相談・お見積りから導入まで、スキャンマンは丁寧な対応を心がけております。またお伺いの際はお客さま自身で作業確認・変更・追加が頼めるため、お客さまのニーズにその場であわせることが可能です!

    >スキャンが終わって時間が余った時は、Eightの名刺取り込みもしてもらってます
    >こまめに連絡をいただけたのが決め手でした

    とのお声も実際にいただいております!


    各導入事例で共通しているメリット・決め手は以下でした!

  • 社外に持ち出す必要がない(派遣型スキャニング)
  • 他社と比較しても圧倒的に安い、対応が丁寧
  • 非破壊スキャンができたこと
  • 見たいと思ったときにいつでも簡単に探せる
  • 丁寧な対応、こまめに連絡をいただけた

  • さて、実際のお客さまの声(評価)を見ていかがでしかでしょうか?

    疑り深いみなさんも、派遣型スキャニングの魅力や、スキャンマンが迅速で丁寧かつお得で便利なサービスだとイメージできたかと思います!

    導入事例については、今回ご紹介した目的別のほかに「業種別」「利用サービス別」にも紹介しております。
    書類だけ、名刺だけ、契約書だけ依頼したいな…という方や、業種・業界でのご利用シーンを確認したい場合はぜひご覧ください。


    今たくさんの書類を抱えて困っているあなた、ぜひスキャンマンに相談をお願いいたします!

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で