新サービス「SCAN Ticketー契約書ー」がはじまりました。

新サービス「SCAN Ticketー契約書ー」がはじまりました。

新サービス「SCAN Ticketー契約書ー」がはじまりました。
https://www.ticket.scanman.in/
7/1、スキャンマンより「SCAN Ticketー契約書ー」サービスが提供開始となりました。
スキャンマンは派遣型でサービスを提供する中で、様々な紙の電子化に関するお困り事を見てまいりました。
その中で、契約書の電子化に関わる問題にフォーカスしてサービス化する運びとなりました。
従来は、契約書はどの企業も紙で保管していました。
これまでは、締結後ファイリングするのみの管理で十分でありましたが、時代の流れもあり、契約書を電子化する企業が増えているのが現状です。
総務・法務のスタッフの方はこれまでの業務に加え、契約書をスキャンする業務、契約書の情報をExcel管理する業務が付随することとなりました。
この業務は、毎日やるほどの仕事量ではないかもしれません。
しかし、週1.2回とスキャンしPDF化する単純作業が増えることは、コア業務への集中を削ぐごととなります。
その上、労働時間の増加にもつながります。

この対策として、
①アルバイトスタッフを雇う
②スキャン代行業者に依頼する
このような方法を検討される企業様が多いのではないでしょうか?
間違いではないのですが、
①の面では、雇用することのコスト、スタッフの管理コストがかかり費用対効果が薄くなります。
②の面ではそもそも少量からの依頼を受け付けている会社が多くはありません。
少量からの場合、最低発注費用◯万円〜とかかる場合が多くなっております。
上記のことから、気後れはあるが今いるスタッフに頼んでいるケースが多いように感じます。

それらの問題を解決するため、契約書の電子化にフォーカスした低価格スキャニングサービスを生み出しました。
「SCAN Ticket ー契約書ー」
このサービスは、
・毎月定期的にスキャニングが可能
・毎月発生する契約書の量に応じた最適なプランの選択が可能
・検索できるように契約書情報も入力可能
という3つの特徴がございます。
プランとしては以下の通りです。
SMALLプラン:毎月、30部までスキャン 10万円/年
MEDIUMプラン:毎月、50部までスキャン 15万円/年
LARGEプラン:毎月、100部までスキャン 27万円/年
毎月自社に合った数量のプランを選択可能なため、無理なく少量からご依頼いただけます。
価格はわかりやすく年間一括払いとなります。
仮にSMALLプランですと、月あたり8300円程度で溜まった契約書を電子化することが可能です。
さらに出張で伺いますので、契約書をご準備いただくだけで郵送などの手間はございません。
契約書情報の入力もオプションで受付けております。
基本的には、契約書名/相手方名/契約日を入力いたします。

弊社スタッフを派遣してお客様の会社で電子化を行いますので、原本を持ち出す心配もございません。
セキュリティの面についてもご安心いただけるかと存じます。
日々電子化に1日の作業の一部でも取られてしまっている方には、ぜひご利用いただきたいサービスとなっております。
我々はスキャンのプロでございます。
そのため、クオリティを保ちながら、短時間で電子化まで行いご納品いたします。
ご担当者様は出来上がるデータを管理するだけという状況を作り出すことができます。
この機会に、ぜひご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で