デジタル文書の専門家「文書情報管理士」をご存知ですか?

デジタル文書の専門家「文書情報管理士」をご存知ですか?

社内の書類を整理する際、どのように整理するべきか困ったことはないでしょうか。
書類管理をすることは、「業務を効率化するため」・「書類紛失のリスクを下げるため」
この観点から、とても重要となっています。

書類管理の方法には様々ありますが、特に昨今行われているのは
書類をスキャンし、コンピューターで管理するペーパーレス化です。
「紙の保管コスト削減」「情報共有による業務効率化」「地球環境への貢献」など、
紙文書をペーパーレス化することによる企業のメリットは非常に大きなものです。

しかし、ペーパーレス化を進めるにはデータで管理するための知識が必要となり、
なかなか進めることが出来ていない会社も多いのではないでしょうか。

そんな”データで管理するための知識”をもった
「文書情報管理士」という存在をご存知でしょうか。

文書情報管理士とは?

オフィスで取り扱う文書類や帳票類などの書類を
コンピュータの画面で見ることができるようにするためにスキャニング(スキャン)したり、
大量の書類を効率よく安全に保管するためにマイクロフィルムに撮影するための技術を取得する民間資格です。

一言で言うと、文書情報管理士は文書管理のプロフェッショナルです。

文書情報管理士は、2級文書情報管理士、1級文書情報管理士、上級文書情報管理士
という階層にわかれており、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会にて認定されています。

文書情報管理士がいることで、
難しい書類管理規約の中でも、安全にデータ化を進めることが出来ます。

弊社には現在、ペーパーレスアドバイザー1級所得者が在籍しています。
会社の所有・保管している文書の管理方法や電子化した際の最適な活用のプロです。
管理方法に困っている書類がある場合や
効率的な電子データの使用法が知りたい場合など、お気軽にご相談くださいませ。

弊社スキャンマンは、
お客様の大事な書類を安全にスキャニングさせていただきます。

【新サービスはじめました】スキャンマン定期便の詳しい情報はこちらから↓
スキャンマン定期便

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で