CSVファイルの作成で業務効率化 – Eightの名刺ダウンロード機能

CSVファイルの作成で業務効率化 – Eightの名刺ダウンロード機能

みなさんこんにちは!
早いもので6月もそろそろ終わり、1年の後半戦に入りますね。
一つの区切りとして、身の回りの整理整頓などをするのはいかがでしょうか?

身の回りの整理整頓ということで、紙媒体のデータ化はもちろんのこと、
データもこまめに整理することが業務効率化への近道なんです!

今回は、データ化した名刺をもっと効率よく利用する方法をお伝えしたいと思います。

目次

みなさんは、Eight に取り込んだ名刺データ、その後はどうしていますか?
取り込んで手元で確認できるだけでも大変便利ですが、このデータを自分にとってより使いやすくするために、
Eight ではデータをcsvファイルに書き出すことができます!
※csvファイルの作成ができるのは、月額480円(年間4800円)のプレミアム会員のみとなっております。

csvファイルの作成をすることで

  • 顧客管理シートの作成・活用
  • テレアポリストの作成
  • 年賀状や挨拶状などの住所管理

上記はごく一例ですが、様々な使い方ができます。

CSVファイルの作成の仕方

名刺データのcsvファイルの作成はとっても簡単!

①個人プロフィールの設定に入ります。

設定1

②上から2段目、名刺データをダウンロードをタップ!

設定2

③あとはボタンを押すだけで、csvファイルの作成が簡単に行えます。
通信状況やデータ内容の多さにもよりますが、150枚を10秒ほどでファイル作成が完了します。

設定3

書き出したcsvは、URLリンクとしてダウンロードが可能となります!
※24時間以内にダウンロードしてください。

セキュリティーも万全

作成したcsvファイルは、ファイル開封時にパスワードを入れなければ開くことが出来ないうえに、
一度開くと、再度同じURLからは開くことができないので、安心してご利用いただけます。

CSVファイルに記載されている項目

作成したcsvファイルは

  • 会社名
  • 部署名
  • 役職
  • 氏名
  • Eメール
  • 郵便番号
  • 住所
  • 会社TEL番号
  • FAX
  • 携帯電話
  • サイトURL
  • 名刺交換日

の項目の記載がされております。
※データとして存在する項目のみ出力されます。

Excelやスプレッドシートなどにインポートして、必要な情報をまとめて業務効率化しませんか?

名刺のデータ化から始めなければ… 取り込むのが手間だな。
と思っていましたら、ぜひスキャンマンにお任せください!

一括で名刺を取り込んで、お客様のEight環境作りをお手伝いをします。

詳しくはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で